毒色の日常~毒親と暮らす40代の雑記~

毒親と暮らす40代による、ニュースや日常に関する雑記です

「強くてニューゲーム」で人生やりなおすのが夢。

簡単に(毒親の話)

・親の言うことは絶対
・くちごたえは許さない
・正しさは関係なく反論は不可
・手元に現金を持ち、どんなタイミングでもすぐに貸せ
・パチンコ屋に迎えに来たら終わるまで待て

うちの親を簡単に説明すると、
こういう感じです。



なんて面倒な…。

親が生きているうちは(毒親の話)

よく夫と、
「これは親が生きているうちは無理だねえ、いまは我慢だねえ」
という話をします。

私と夫にとってはOKだけど親には駄目、ということが、たくさんあります。

たとえば犬を飼いたい、とか、
そういう程度の話です。

そういう程度のことが数え切れないほどあります。
夢が膨らむ…は言いすぎですが、
まあ、
いつかそういう日が来たら、
もう少し自由になるかな、とは思っています。



でも別に死んで欲しいわけじゃない。
そういうことではないんです。

そうなったとしてもどっちでもいい、くらい。
同じですかね。

どうなんだろう、
自分でも良く分かりません。

毒親と猛毒親(毒親の話)

世の中には様々な人がいます。
私の母親のように、子供に「毒親」といわれているひともいれば、
「猛毒親」といわれているひともいます。

私の中での認識は、
「猛毒親」
・子供に生死に関わる大怪我をさせたり、殺すまでの虐待をする。
・監禁または軟禁する
・給料を搾取してしまう
・日常的な暴力

「毒親」
上記の毒が薄まったver.

という感じです。

ひとにより感じ方は様々だと思います。



うちの母親みたいに、
「晴れときどき毒親」
みたいなのは、
縁も切りづらいし厄介ですが、
生死に関わる怪我をさせられるのも大変だし、
難しいところです。

子供のころ、
親に大火傷を負わされたことがあります。
そこだけ切り取れば猛毒親ですよね。
そうなった原因も父親が短気だったからです。
いま思えば、どう考えたって、
しなくてよい火傷です。
ただ、直後に父親がめちゃくちゃ謝っていたし、
と思うと、
猛毒ともいえない…

と昔は思っていました。

でも、まあDVだって、そういうことですしね。

身内フィルターがかかると、
正常な判断が出来なくなる。

難しいですね。


広告
ギャラリー
  • 映画「怒り」
  • PPAP
管理人プロフィール
毒親と暮らす40代です。ニュースや日常について、ひっそりと毒を吐いていく予定です。
  • ライブドアブログ